相続の円満解決なびトップページ > 借地権相続サポートトップページ> 借地権の対抗要件とは

借地権(旧借地権)の対抗要件とは

借地権割合とは借地契約を締結した地主さんに対して建物登記していなくても借地権の主張ができる事は当然ですが、地主さんが亡くなった場合はその相続人に対しても同様に借地権を主張できます。 しかし地主さんが土地を第三に売却し、新たな地主さんが現れた場合に対抗する為には下記の二つの要件が必要となります。

対抗要件1) その建物に借地人の登記がなされている事

借地人は借地上に建物の登記をする事により『借地権の登記』が無くても対抗する事ができます。 

しかし借地名義人と登記名義人が同一でない場合、例えば建物が妻や息子のなどの所有名義になっている場合は対抗する事ができません。 借地名義人と建物の登記名義人とが違う場合には、地主が売買などで交代した場合に借地権を対抗できず、建物を収去して土地を開け渡さなければなりません。 

例外的に新たな土地所有者が背信的悪意者の場合には、借地人は建物登記がなくても対抗できるとされているようです。

対抗要件2) 借地上に建物が存在している事

借地上に登記(所有権保存登記)された建物が存在している事が必要です。

借地権保存の掲示板、借地権の対抗要件火事などで建物が滅失した場合は、滅失のときから2年間は建物を特定するための必要な事項(登記簿明細、滅失日)、新たに建物を建築する旨をその土地の上に掲示することで第三者に対抗する事が可能です。 

この借地権保存の掲示をする前や掲示が撤去された後に現れた第三者には掲示による借地権の対抗はできません。

借地権相続円満解決.なびインデックス


相続相談

ご相談頂く多くの方は複雑な相続手続きでお困りの方よりも兄弟や相続人とのご関係の調整に悩んでいらっしゃる方が多いのが現状です。

一人で悩まないでぜひ一度気軽にご相談下さい。 相続人の方々がお互いに満足する円満な相続をご依頼人の方と一緒に見つけ出して行きたいと思います。