相続の円満解決なびHOME  > 遺産分割協議書作成サポートトップページ

遺産分割協議書作成サポートサービス

複雑な相続ではないので自分達だけで遺産分割協議書を作成したい方々に便利な遺産分割協議書作成サポートサービスです。 相続人が特定できていており、なおかつ継承する財産もはっきりしている方にリーズナブルな費用で専門家による遺産分割協議手続きをサポートするサービスです。 作成後も疑問点があれば丁寧にサポート致しますのでぜひご相談下さい。

遺産分割協議書は自分で作成できないの?

特に複雑な相続でなければ遺産分割協議書の作成は簡単です。 例えば少数の兄弟だけで、継承する財産もはっきりしていてお互い納得してトラブルのないような状況であれば遺産分割協議書作成は誰でも簡単に作成する事ができます。

ただ戸籍等を調査しないと思わぬ相続人が現れる場合もあったり、相続財産を上回るような借金がある場合など法的な手続きを間違えて、後々思わぬトラブルになる場合もあります。 (ご相談事例ではお父様が学生時代にお付き合いしていた女性のお子さんを認知したいた事実が判明したケースやお父様が叔母様の養子になっていた複雑なケースもありました。

また相続税が発生する場合には税金の負担等の事を考えて遺産分割協議書を作成しないと多額の税金を支払わなければならない状況になる事も考えられます。

自分では手に負えないと思われた時はお近くの不動産や税金に明るい相続手続き専門の行政書士や司法書士、弁護士などに相談された方がよいでしょう。

お医者さんも眼科や内科とそれぞれ専門別になっているように経験豊富な相続専門家に相談されたほうがベターです。)

遺産分割協議書がなぜ必要なの?

遺言書がない場合は被相続人が亡くなると同時にその財産や債務は何の手続きも無しに相続人に継承され、相続人が複数の場合は全員で共有した状態で継承されます。 この共有状態から遺産をそれぞれの相続人に帰属させるのが遺産分割協議です。 また不動産を相続した場合には不動産の登記申請をしなければなりませんが登記時にはかならず遺産分割協議書と共に印鑑証明、戸籍謄本等が必要となります。遺言書の無い場合の家屋や不動産の遺産分割には遺産分割協議書の作成は必須となります。

遺言書がない場合の相続の流れ(遺産分割協議書が必須)

遺言書がない場合の相続手続きは法定相続人全員による遺産分割協議を行い、遺産分割協議書の作成が必要となります。 債務がある場合は限定承認もしくは相続放棄を相続開始から3か月以内に行わなければなりません。 遺産分割協議が纏まらない場合は家庭裁判所にて調停・審判を経て遺産分割を行い、相続税が課税される場合は10か月以内に納税となります。

遺言書のない場合相続の流れ図

遺産分割協議書作成サポート・遺産分割協議書作成費用

遺産分割協議書
作成サポート費用

45,000円~
+ 諸経費
相続人や相続財産がはっきりしているが遺産分割協議のアドバイスと作成の依頼依頼の場合
*遺産分割協議が終了するまでご質問に何度でも対応させて頂きます。
相続人特定及び
遺産分割協議書
作成サポート費用

95,000円~
+ 諸経費
戸籍調査による法定相続人の特定と遺産分割協議書の作成をご依頼の場合
*遺産分割協議が終了するまでご質問に何度でも対応させて頂きます。

*事案の複雑さに応じて報酬(費用)に一部加算をさせていただく場合がございます。事前に費用については概算をご提示させて頂きます。 


遺産分割協議書作成サポート.なびインデックス

無料相談会

相続のご相談頂く多くの方は複雑な相続手続きでお困りの方よりも兄弟や相続人とのご関係の調整に悩んでいらっしゃる方が多いのが現状です。

一人で悩まないでぜひ一度気軽にご相談下さい。 相続人の方々がお互いに満足する円満な相続をご依頼人の方と一緒に見つけ出して行きたいと思います。