TOP > 遺言書HOME > 遺言書の書き方・文例集 > 土地・不動産・建物を相続させる

遺言書の書き方・文例:土地、建物と建物内の全ての財産

■土地、建物および建物内にある一切の財産を相続させる遺言書の文例

土地や建物を相続させる場合は登記事項証明書に従って所在、地番、地目、地積や家屋番号、種類、構造、床面積などを正確に記載しましょう。

例えば『自宅である土地と建物を妻に相続させる』などのあいまいな表現では相続財産の特定ができない為、法務局で受付られず登記ができません。

また相続させる建物とともに建物内にある家財道具などの動産を全て相続させる場合はその旨を明記します。

遺言書
 遺言者渋谷一郎は次の通り遺言する。

 第1条
 遺言者は遺言者の有する下記の土地を長男渋谷太郎(昭和○○年○月○日生)に相続させる。
 土地
   所在:  東京都渋谷区北渋谷2丁目
   地番:  ○○番○○
   地目:  宅地
   地籍:  150平方メートル
 第2条
 遺言者は遺言者の有する下記の建物および当該建物内の一切の動産を妻渋谷みち子(昭和○○年○月○日生)に相続させる。
 自宅
   所在:  東京都渋谷区北渋谷2丁目
   家屋番号:○○番○○
   種類:  居宅
   構造:  木造瓦葺2階建
   床面積: 1階110.5平方メートル
        2階80.5平方メートル

 第3条
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 第4条
  遺言者はこの遺言の執行者として下記の者を指定する。
  (事務所) 東京都港区赤坂1−1−1
  (職業)  弁護士
  (氏名)  赤坂一郎
  (生年月日)昭和○○年○月○日

 
                平成○○年○月○日
                東京都渋谷区渋谷○丁目○番○号
                遺言者 渋谷 一郎 



■参考ページ

遺言書作成が必須な方や作成をお勧めする方とは

円満な遺言書の書き方六か条とは

自筆証書遺言書の書き方・作り方

公正証書遺言書(安心・安全・確実)の作成方法についてはこちらへ

遺言書の書き方・文例・サンプル集

★自筆証書遺言書の書き方・作り方のポイントはこちらへ