TOP > 遺言書HOME > 遺言書の書き方・文例集 > 絵画や骨董品を相続させる

遺言書の書き方・文例:絵画や書画を相続させる場合

■絵画や書画などの骨董品を相続させる場合遺言書(の遺言状)の文例

 絵画や書画を相続させる場合の記載例です。作品名、製作者、日本画や水墨画などの種類、素材、人物画や風景画などの類型、制作年月日など作品を特定できるように詳細に記載します。


遺言書
 遺言者中野一郎は次の通り遺言する。

 第〇条
遺言者は下記の絵画を長男である中野俊夫(昭和○○年○月○日生)に相続させる。

   作品名:   〇〇〇〇〇
   製作者:   〇〇〇〇
   種類:    日本画
   素材:    〇〇〇
   類型:    人物画
   サイズ:   縦〇〇〇cm、横〇〇cm
   制作年月日: 昭和〇年〇〇月〇〇日

 第〇条
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
               平成○○年○月○日
               東京都中野区中野○丁目○番○号
               遺言者 中野 一郎 



■参考ページ

遺言書作成が必須な方や作成をお勧めする方とは

円満な遺言書の書き方六か条とは

自筆証書遺言書の書き方・作り方

公正証書遺言書(安心・安全・確実)の作成方法についてはこちらへ

遺言書の書き方・文例・サンプル集

★自筆証書遺言書の書き方・作り方のポイントはこちらへ